TOKYO FROG KINGS第2戦!結果速報!!!

ISL SEASON2

北島康介率いる“TOKYO FROG KINGS”は10月30、31日に行われたMATCH5 に臨みました。

第1戦目は、すべての選手が慣れない環境の中でも個人の力を出し切り、多くの選手が好成績を残していました。<第1戦の結果はこちら>

本大会は、コロナの影響もあり、非常に短期間でレースをしていきます。今回も1週間程度の間で第2戦目でした。大会自体も2時間程度ですべてのレースが終わります。非常にタフなスケジュールの中で選手たちはどのような結果を残していくのでしょうか?

では、早速結果をお知らせします。

TOKYO FROG KINGS第2戦結果は??

今回のリーグ戦の相手は、前回の相手”LA current”に加えて,アダムピーティ選手らが所属する”London Roar”,そして”DC Trident”でした。

早速結果からお知らせすると…3位でした!

1位が”London Roar”2位”LA current”3位“TOKYO FROG KINGS”4位”DC Trident”という結果でした。

TeamMenWomenMixedTotal
1位London Roar 207.5  273.5  18.0  499.0 
2位LA current 260.5  199.0  28.0  478.5 
3位TOKYO FROG KINGS 255.5  207.0  14.0  446.5 
4位DC Trident  131.0  142.0  14.0  287.0 

やはり、第1戦目の結果から戦略は少し変えて、リレーなどは1位獲得をねらうななど非常に積極的な姿勢が見えた大会でした。

どのチームもやはりスキンレースの種目の決定権を得られるメドレーリレーは勝ちに来るので、今回はTOKYO FROG KINGSも撮りに行っていました。結果的にはとることはできませんでしたが、非常に見応えのあるレースでした。

第2戦目でしたが、選手たちに疲れは見えませんでした。早くもこのスケジュールに適応したようで、調整や回復は順調の様子でした。

個人の成績は??

1位 KAWAMOTO Takeshi     33.3       全体6位

今回は前戦からすでに彼の活躍は凄まじいいが、今大会では特にスキンレースでの功績が大きかった。全体でも6位。なんと、前回MVPのライアン・マーフィーの上の特点!

2位 HASEGAWA Suzuka      27.5        全体12位

前戦と同様に、200Flyでのジャックポットでの大量得点が大きい。この種目だけで19.0点を得点している。世界もトップの強さを証明している。

3位 OHASHI Yui               26.5       全体14位

得意の400IMでの強さを見せている。今回もジャックポットで大量得点を手にした。

今回の大会で特に印象に残っているレースは、やはり川本選手のスキンレースと、小関選手の100Brです。

スキンレースは非常熱いレースでした。2レース目では1位でしたし、3レース目でも非常に良いレースを見せてくれました。

また、小関選手ですが、あのアダム・ピーティ選手に勝ちました。すべての選手がレースを何度もこなすので、疲れてるとはいえど勝ったことは非常に興奮しました!レース直後のアダム・ピーティ選手の悔しそうな顔が忘れられません!この大会の面白さが感じられた瞬間でもありました。

まとめ

今回も3位と悔しい結果でしたが、非常によく健闘したと思います!興奮するレースも何レースも見ることができて、大会期間中は退屈することがなさそうです!

2戦を終えて、TOKYO FROG KINGSは5位の位置につけています。

FINALに出場するためには、4位以内に入らないといけないので、何としてでもあと1つ順位を上げて、FINALまで進んで欲しいです!

↓↓TOKYO FROG KINGSのスケジュール↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました