To be an Ironman 〜アイアンマンへの道〜

アイアンマン

ironman race (アイアンマンレース)というものをご存知でしょうか?いわゆるトライアスロンなんですが、これがただのトライアスロンではないんです。

普通のトライアスロンとどう違うのかというと、ただただ長い(笑)

距離で言うと、スイム3.8km、バイク180km、ラン42.195kmのトータル約226kmです。

トライアスロンには、いくつか種類があって、

  • スプリント 20〜30km
  • ショート  40〜65km
  • ミドル   80〜130km
  • ロング   200km以上

てな感じで距離によって分けられています。

ショート

ちなみに、ショートが一番メジャーでもあるオリンピックディスタンスと呼ばれるものになります。距離は、スイムが1.5km、バイクが40km、ランが10kmのトータル51.5kmになります。その名の通り、オリンピックにも採用されている競技で、東京オリンピックでもこの競技を見れることになります。

スプリント

スプリントは、上のオリンピックディスタンスを半分にしたもので、距離的には、初心者が最初に出る大会にふさわしいものとなっています。国内においても多くの大会が開催されています。国内においても多くの大会が開催されています。加えて、かなりスピードもあると思うので、レースの見応えもあるのではないでしょうか。加えて、かなりスピードもあると思うので、レースの見応えもあるのではないでしょうか。

ミドル

九十九里トライアスロンを例に挙げると、スイム1.9km、バイク90.1km、ラン21.1kmとなっています。九十九里トライアスロンでは、オリンピックディスタンスと同時に開催されています。

ironman race(アイアンマン)について話を戻しますが、

トライアスロン=鉄人と言われますがそれの所以になったとも言われているのがこのレースです。その通り、このレースを完走したものは皆、ironman(アイアンマン)となります。ハワイから始まり、今では世界各国で大会が行われています。ハワイから始まり、今では世界各国で大会が行われています。何年か前には、あの堀江貴文さんも出場されています。

なんと言ってもカッコよくないですか!?

完走したら皆がアイアンマンですよ!笑

確かに200km以上もの距離を完走するのは、人間の限界を極められるような気がしますよね。

トライアスロンは費用もかなりかかるし、この大会に出場するのにもかなりお金が必要ですが、それでも多くの人が出場を目指しています。

それだけの魅力があるのでしょう。

少しでも興味を持った方がいれば、ぜひ挑戦してみてはどうでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました