【SHIMANO】冬におすすめのロードバイク用グローブ【おしゃれでコスパよし】/快適な自転車用コスパのいい手袋

トライアスロン関連用品

自転車に乗り始めて最初の冬は、寒さとの戦い。

特に、指先と足先はやばい。

サイクリングやトレーニングどころでは無くなります。

そしてハンドルを握るグローブは特に大切です。

グローブを間違えると、手が痺れてブレーキが握れなくなることも…。

事故につながることもあるので、冬のグローブ選びは慎重に行いましょう。

この記事では、冬のおすすめのグローブを紹介します。

トレーニングにスマートウォッチ

おすすめのグローブ

−5℃〜0℃

0℃〜5℃

5℃〜10℃

10℃〜15℃

インナーグローブ

自転車用のグローブとは

冬用の手袋であれば暖かいものはいくらでもあります。

グローブであればどんなんものでもいいかと思いますが、細かなハンドル操作を必要とする自転車では、そうもいきません。

手のひら側にクッションが付いているなどの快適性に加えて、ハンドリングのしやすさや、ブレーキやシフトの操作など、自転車用は操作性を中心に考え作られています。

こだわりを持って冬用のグローブを選ぶことで、効率的なトレーニング、安全なライドにつながります。

最適なグローブの選び方

チェックポイント

  • 対応温度
  • 操作性

対応温度

グローブによって対応温度が違います。

自転車に乗る日の気温や、走る場所などを考慮し、適切なグローブ選びが必要になってきます。

また、気温がそんなに低くなくても、ヒルクライムなど坂道を長時間降るシチュエーションがある際は、体感温度でかなり冷え込むので、十分な準備が必要になります。

操作性

グローブは暖かくなればなるほど、分厚くなるのが一般的です。

その分操作性が悪くなります。ブレーキングや、シフトの操作、ハンドリンがそのグローブで十分にできるのか、ちゃんと確認しておく必要があります。

適切な温度帯のグローブを選ぶことで、快適に自転車に乗ることができます。そして、安全なライドにつながります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました