初心者がトライアスロンを始めるための装備 スイム編

トライアスロン

これからトライアスロンに挑戦したい!

けど、どんな装備、用具を準備したら良いのか分からない!絶対に必要なものって何??

と、誰もがトライアスロンを始めるときに思うように感じます。

今回は、そんな疑問を一瞬で解決できるように、種目別に必要な装備をまとめてみました!

1.トライアスロンに絶対に必要な装備は!?

まずトライアスロンには、3種もく通して共通できていられるトライウェアというものがあります。

それぞれの種目で専用のウェアに着替えても問題はないのですが、トランジション(種目の切り替え)でウェアをその度に着替えるストレスがこれ一つで解決します。それにタイムの短縮にもなるので良いことづくしです。

間違いなく、種目に関係なく必要なものです!

2.スイムパートで絶対に必要な装備

  • ウェットスーツ

大会にもよりますが、ほとんどの大会でウェットスーツの着用が参加規定で義務付けられています。ですので、必ず準備しておいた方が良いです。

ウェットスーツにはセパレートタイプとワンピースタイプのものがあります。

セパレートタイプのものは、その日の気温や、水温、好みによって、袖ありなしを簡単に変えることができます。それに、腰回りがつながっていないので、腰回りの窮屈さを感じにくいという利点があります。

一方で、ワンピースタイプのものは、商品として一つのものなので、作る手間を減らすことができコストを削減することができます。

既製品とオーダーメイドどちらの方がいいのかという疑問もあると思います。

既製品のものは必ず試着をすることをお勧めします。それは、個人によって体格、スタイルが全く違うからです。それによって、動きやすさが全く変わってきます。そして、ウェットスーツの着用感はタイムや快適さに直結してくるので

非常に重要です。

少し値段は高くなってしまいますが、個人的にはオーダーメイドのものをお勧めします。

  • ゴーグル

トライアスロンのスイムパートで使用するゴーグルは、オープンウォーターまたはトライアスロン用のものがあります。競泳ようのプールで使用するゴーグルとの違いは、視界の広さや外れにくさが違います。

海で泳ぐ時はプールと違って、視界が悪くなるのと同時に自分がどこに進んでいるのか逐一確認しなくてはいけません。確認しないと「波で流されてコースから大きく外れて泳いでいた」といったことが起こってしますため、視界を確保することは非常に重要なことになります。

また、トライアスロンは一人で泳ぐわけではないので、しばしば接触があります。そのたびにゴーグルが外れてしまってはかなりのストレスになります。なので、専用のゴーグルが非常にお勧めです。

ちなみに、ゴーグルが外れる可能性がある点で、視力のよくない人はコンタクトではなく度付きのゴーグルもあるので考えてみても良いでしょう。

スイムキャップはいらないの?とここまで読んでいただけた方は思うかもしれないですが、スイムキャップに関しては、大会によって指定のキャップが配られるので心配入りません。指定のシリコンキャップはシリコンせいのキャップが多いようです。ですので、競泳選手のようにもう1枚メッシュのキャップがあると、髪の毛が引っ張られずストレスなくキャップをかぶれると思うので、用意しても良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました