【CBD】筋肉痛を抑える??CBDがスポーツに与える効果について

Others

最近よく耳にするようになったCBD

既に欧米では非常に大きな市場規模となって、注目されています。

と言っても、私も最近までほとんど知りませんでした。

調べてみると非常に興味深かったので、ご紹介していきたいと思います。

※エビデンスに基づく記事から抜粋しておりますが、いまだ分かっていないことも多く、実際にご使用になられる際には自己責任でお願いします。ご自分で、論文などお調べになってからご使用されることをお勧めします。

CBDとは??

CBD(カンナビジオール)とは大麻草の花穂の樹脂の中にできる天然の化合物です。

CBDによる健康効果は、世界中で研究され、日々新たな効果が実証されてきています。

CBDって大麻でしょ?マリファナとは違うのと一番気になりますが、同じではありません。

大麻草の成分は大きく分けて2つの成分があり、CBDとTHC(テトラヒドロカンナビノール)に分けられます。THCにはカフェイン程度の依存性と、杯になる効果がありますが、CBDにはありません。

そして、CBDは日本においても合法です

スポーツにおける良い効果は??

1  抗酸化作用

普段私たちは生きるために呼吸をしていますが、その呼吸によって、活性酸素と言うものが発生します。これは、過剰になると老化を早める原因となったり、生活習慣病の原因になったりします。

これから体を守るのが、抗酸化作用です。

スポーツを行うときは絶対呼吸は増えますよね。呼吸の増加はもちろん、活性酸素の増加につながっています。スポーツは健康にいいイメージがありますが、それだけではないので、こういったところで体のケアをしてあげるのは非常に大切ではないでしょうか?

2 抗炎症作用

筋や関節の炎症を抑えることができます。

運動をすることによって、大小様々ですが、筋や関節では炎症が起こります。炎症は傷ついた組織を回復させようとする働きですが、過剰になることによって、回復を遅らせてしまうことがあります。

その過剰反応を抑えてくれるのが、抗炎症作用で、体の回復に非常に役に立ちます。

また、CBDの皮膚投与によって浮腫を抑えることが分かってきています。

3 鎮静作用

スポーツにおいて、これは筋肉痛の軽減が一番大きいです。

ハードなトレーニングには筋肉痛が伴いますよね。すぐに回復すれば問題はありませんが、長引くとトレーニングのパフォーマンスを落としてしまうこともあると思います。

より良い状態でトレーニングするためにも、この効果は非常に有り難いのではないでしょうか?

他の作用は?

依存症

依存症のきっかけの1つである執拗な記憶の減少をもたらす。

うつ病

脳内にあるセロトニンの利用率を増加させる効果が期待できる。脳内が十分なセロトニンで満たされることによって、感情のコントロールができるようになる。これによって、不安感の減少や気分の高揚といった効果がある。

睡眠障害

少量〜中量程度のCBDを摂取することで、覚醒作用の効果がある一方で、高容量の場合には抗不安作用と鎮静作用が認められており、眠りの質がよくなる。など他にも多くの効果が期待されている。

どんな商品がある?

CBDオイル

直接口に1滴か2滴たらして使うものです。

一番代表的なもので、使いやすく手に入れやすいです。

CBDリキッド

VAPE(電子タバコ)で使うものです。

CBDの中ではオイルの次にメジャーなもの。CBDの量が少ないものもあるので、手を出しやすい商品だと思います。

CBDクリーム

肌に塗るタイプのものです。

直接口にするものではないので、安全なことが分かっていても不安がある方にオススメです。

スキンケアや浮腫の解消、スポーツで疲労した場所に直接塗ることもできるので、女性やスポーツをする方にとってもオススメです。

体の不調を解消したり、リラックスタイムのためにに取り入れやすい商品だと思います。

CBDドリンク

炭酸のタイプや、お酒、カフェインの入っているものなど様々な消費が各社からでています。

いろんなフレーバーがあったりするので、好きな物を探して、朝の目覚めのために飲んだり、夜のリラックスタイムのドリンクにしたりするのはどうでしょうか?

まとめ

以上のような効果があるのであれば、使ってみたいという方も多いのではないでしょうか?

健康思考の方や、ストレスを抱える人が多い日本においては、大きな助け舟。興味を持つ人が多いことは間違いないです。そして、日本においても市場の規模はますます大きくなるでしょう。

アスリートの方にとっては、ドーピング違反が一番怖いとは思いますが、WADAによると、ドーピング違反には当てはまらないとされています。ただ、同時にCBDのみを多くの大麻成分の中から抽出するのは非常に難しいとしており、成分の証明を確認することは必須です。

日本においても合法ですが、中には違法成分が混じっていることがあるかもしてないので、十分に調べてから使用することをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました